剃り残しがあったら?

タオル

脱毛当日、剃り残しがあったらどうなるの?

梅田周辺のサロンでは、脱毛する2日前までにはシェービングなどでの自己処理をお願いしているサロンは多いです。なぜ自己処理を行っているかというと、ムダ毛が残っている状態だと効果が出にくくり、器具の特性上やけどを負ってしまう可能性もあるからです。ですから、しっかりとムダ毛処理を行いましょう。といっても、自己処理の場合は見えにくい箇所もあるので、剃り残しなどの場合も気になりますよね。剃り残しがあった場合、その日の脱毛をお断りするサロンもあるようですので、処理にもいつもより丁寧に心がけたいところですが、万が一剃り残しが合った場合でも、サロンで対応してくれるところもあります。剃り残した部分は脱毛しない場合と、サロンがシェービングしてくれるサービスもあります。シェービング代がかかるので、有料となります。サロンによって料金は変わってきますので、カウンセリング時に確認しておきましょう。
どうしても安く済ませたいという方は、ムダ毛の剃り残しがあってもすぐ対応出来るようにシェービング道具を持っていきましょう。この時、毛抜きや脱毛テープはおすすめしません。脱毛を行う上で肌トラブルを招きやすくなりますから、必ずシェーバーなどを使いましょう。また、無料でシェービングしてくれるサロンもありますから、そういうサロンを選んでも万が一の時に焦りませんし、安心して通うことにも繋がりますね。緊張している場合や、初めての方は、剃り残しについては盲目になりやすいのでしっかり対策をしておきましょう。